2007年04月10日

確率が収束するまでのレース数などを考えた計画

Q70.
あつかましい話ですが、「馬券種類ごと、どれぐらの的中率合計以上がお勧めみたいな」助言はいただけますでしょうか。


A70.
的中率が高くて期待値が高い馬券は存在しません。
存在するのは、「的中率が低くて期待値が高い馬券」と「的中率が高くて期待値が低い馬券」です。
的中率が低くて期待値が高い馬券を買った場合、長いスランプがあったりして確率が収束するまで時間が掛かります。
例えば的中率が1%の馬券だとすると100回に1回当たる訳で1000回くらい当たらないことが続いても不思議ではありません。ですから資金も1000回分くらいに分散させなければならない訳です。
前回掲載した買い方ですとレース的中率が60%となっています。
スランプが少なく確率が収束するまでのレース数が少なくなります。
ですから仮りにこの買い方の回収率が110%だとしても資金を手広く分散させる必要が無く、資金を高回転で回すことが出来ます。
月々のコスト、軍資金額、購入馬券種類、スランプ期間、精神的な余裕などを考慮して計画して頂ければいいと思います。


Posted by ratebustergold at 2007年04月10日 17:05│レイトバスターの答え