2007年04月06日

2007年1月-3月ワイド馬券シミュレーション結果

Q67.
onlineのほうの見解には調教を入れているのですね。
これは不公平な気がします。
GOLDのほうが高い料金を払い中にはプロ版を使用している人もいるでしょう。
こちらのほうにはデータ提供だけでなんのサポートもしていないのでしょうか?
今年に入ってというより地方版が始まってからルール値がおかしくなってますよね。
中央版と地方版でスタッフを分けているのですか?
正確な数値を出す人が地方にかかりきりで中央のほうは能力の低い人が。。とか想像も浮かんでしまいます。


A67.
2003年に始まったONLINEですが、レース前日の17時までに過去ルール値、今回ルール値を入稿しています。
その後、システム側で出馬表の整形作業などがあり19時半に地方出馬表、20時に中央出馬表が公開されます。
高配当期待馬、コメントは、レース前日の深夜に専門紙などの調教情報を頼りにしてコツコツ入力しています。
こちらは、入力した時点で随時公開されています。
レース当日の朝行っていた時期もありましたが、なるべく早く見たいという要求が多かったので去年辺りから出来るだけレース前日の20時までに入れるようにしています。
このスタンス変更が今回ルール(調教加味なし)とコメントで誤解を招いてしまったのかも知れません。
私が実際に買う馬券は、『RATE BUSTER! GOLD』のユーザ値を使ってレース前日の深夜にコツコツ入力しています。用事などでレース当日に馬体重などを加味しながら同時に入れることもあります。
レース直前にアクシデントがあれば予想していた馬を買わないこともあるわけで、「この公式設定値を『RATE BUSTER! GOLD』に読み込ませることで、仲谷光太郎と同じ[ルール値]を参照することが可能となります。」の表記とは若干異なることは事実です。
期待値の高い高配当馬券を狙い続けた場合、的中率、回収率の波が荒くなってしまいます。
人は、去年の12月のように大きく当たり続けている時は掛け金の増額を考えたりしますが、マイナスが続くとそのことはすっかり忘れてしまい不安になってしまいます。私もそうですが、人間の心理だと思います。
先日も「ケリーの公式」について少し書きましたが的中率が高ければ回収率が100%をやや超える程度の馬券でも回収率120%〜130%と同じ効果を得られる買い方も出来ます。
Ver1.2.5から馬券シミュレーションで的中率計の高いレースだけ選択する機能を実装しています。
まだ言えませんがある企画をきっかけに思いついた機能なのですが、不調と思われている1月〜3月も高い的中率と回収率の結果が出ています。
是非とも的中率に拘った買い方もお試し下さい。

2007年1月-3月馬券シミュレーション








上記結果は、ワイドオッズは最小値で指定した結果です。


Posted by ratebustergold at 2007年04月06日 16:41│レイトバスターの答え