2005年10月24日

仲谷式ルールの画期性と信頼性

 『RATE BUSTER! GOLD』のベースとなっているもの、それは[仲谷式ルール]です。
 [仲谷式ルール]は競走馬の能力を数字に置き換える、いわゆる指数系理論の1つですが、既存の指数系理論とは一線を画すものとなっています。

 その理由が、デジタル+アナログという方法論。

 まず[仲谷式ルール]では「展開やメンバー構成によって勝ちタイムは大きく変わる」との考えから、各馬の走破タイムで単純に能力を評価することを避けています。
 代わりに用いるのが、着差。各レースに評価の基準となる“ものさし馬”を設定し、その“ものさし馬”との着差(タイム差)から各馬の[ノーマル値]を算出します。
 この[ノーマル値]は競走成績データをもとに、パソコンと単純な計算式で求められることから「デジタル的な値」ということができます。

 ただしレースには、展開による有利・不利、枠順による有利・不利などがつきもの。全馬が十分に能力を発揮しているとは限りません。この事実を無視して[ノーマル値]だけで能力を評価することは、たいへん危険です。
 そこで[仲谷式ルール]では全レースをVTRでチェック、有利・不利などについて[補正値]を設定しています。レースを見て判断する[補正値]は「アナログ的な値」ということができます。

 [ノーマル値]と[補正値]を合算したものが[ルール値]となり、この[ルール値]を比較することで各馬の勝つ確率、連に絡む確率もわかる、ということになります。

 すなわち、デジタル+アナログによる競走馬の評価。それが[仲谷式ルール]の特徴であり、『RATE BUSTER! GOLD』が「儲かるソフト」である理由にもなっています。
 また[仲谷式ルール]では、障害戦や地方のレースも数値化しています。

 既存の指数理論の多くはデジタル的な値を算出するのみにとどまっていましたが、[仲谷式ルール]ではアナログ的な考えを取り入れることによって、抜群の精度を誇る[ルール値]を弾き出し、より正確に各馬の能力を比較することができるわけです。


Posted by ratebustergold at 2005年10月24日 07:55